Page: 1/21   >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサードリンク | | - | - |
ブリスベンの気候
ブリスベンは、冬である6月〜8月の平均最高気温は21度で、最低は10度です。

朝や夜にセーターくらいはあったほうがいい日もありますが、基本的にコートは不要です。

気温が連日30度を超える日本の夏季に、「避暑」に来るのも、真冬に「避寒」に来るのもよいでしょう。

もちろん春や秋は心地よい気候です。

アクティビティの多さと安さも、ゴールドコーストとブリスベンの魅力です。

JUGEMテーマ:旅行


| くまお | 23:25 | comments(28) | trackbacks(15) |
人気のゴールドコースト
海外ロングステイ地として人気のある、過ごしやすいオーストラリアのゴールドコーストを紹介します。

まずゴールドコーストは気候が大変いいです。

亜熱帯で沖縄と同じ緯度だと聞くと、かなり暑いのではないかと思われる人が多いと思いますが、そんなことはまったくありません。

南半球では季節が逆転するので、一番暑いのは1月と2月ですが、そのときの平均最高気温は29度です。

JUGEMテーマ:旅行


海外ロングステイ30都市徹底ガイド
| くまお | 07:30 | comments(0) | trackbacks(17) |
クアラルンプールの生活費
クアラルンプールのサービスアパートメントでは、週1,000リンギットから、月2,500リンギットくらいが相場です。

コンドミニアムは1年以上の契約が基本となっており、月2,000リンギットの家賃の他に2か月分の保証金が必要です。

フラットという一般賃貸アパートも、家具などが揃っている快適なところもあり、契約の基本はやはり1年以上となっていますが、場合によっては数か月の短期間でも賃貸できるところもあるようで、旅行会社や直接現地で交渉してみるのもよいでしょう。

家賃は月1,500リンギットに加え2ヶ月の保証金が必要となります。

クアラルンプールでのロングステイにかかる滞在費ですが、夫婦2人で、住居費を抑えた場合には光熱費と合わせて約2,500リンギット、食費は日本食をたまに外食した場合約1,500リンギット、交通費や趣味にかかる遊行費と雑費が1,500リンギット、合計5,500リンギットとなり日本円で約16万円強で基本的な生活ができます。

JUGEMテーマ:旅行


| くまお | 23:13 | comments(0) | trackbacks(15) |
ロングステイ:クアラルンプール
海外ロングステイで重要となるのは、その滞在地での住宅環境と、それにかかる生活費、滞在費を知ることです。

滞在地を決定する前に、この住環と滞在費を十分に調べた上で計画を立てていくようにしましょう。

ここで、海外ロングステイで人気の滞在地であるクアラルンプールについて調べてみることにします。

クアラルンプールには外国人を対象としたコンドミニアムやサービスアパートメント、フラットが数多くあり、海外移住者や海外ロングステイの多くがセキュリティがしっかりした住環境を選択し住んでいます。

JUGEMテーマ:旅行


| くまお | 07:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
日本にいたくない季節を避ける
海外ロングステイは、日本の嫌なシーズンを避ける生活でもあるといえます。

日本にはいたくない季節を避けることができるのです。

具体的にいえば、避暑、避寒、そして避梅雨や花粉症対策などが可能です。

日本の夏ほど、蒸し暑い時期はありません。

オーストラリアのブリスベンは亜熱帯に属するので非常に暑いと思われがちだが、一番暑い1月でも月別平均最高気温は29度、最低気温は21度です。

真夏日と熱帯夜の連続する日本の夏とは比べ物にならないほど快適に過ごせます。

よってエアコンなどない家のほうが多いくらいです。

JUGEMテーマ:旅行





| くまお | 06:59 | comments(0) | trackbacks(6) |
キャメロンハイランドでのロングステイにかかる滞在費
キャメロンハイランドでは、高級ホテルの中でもヘリテージホテルのように日本人宿泊者を優遇して、長期滞在には大幅割引をしてくれる所もあります。

高原リゾートらしい趣のリゾートコンドミニアムやサービスアパートメントも数多くあり、電化製品や家具が揃ったところが、月極めでだいたい1500リンギットくらいから数多くあるので利用するとよいでしょう。

キャメロンハイランドでロングステイにかかる滞在費は、夫婦2人分として、住居費を抑えた場合には光熱費と合わせて約2000リンギット、食費は時々日本食を外食した場合、約1000リンギット、交通費や趣味にかかる遊行費と雑費が1000リンギットで、合計4000リンギットとなり日本円に換算すると約12万円強で暮らせます。

JUGEMテーマ:旅行


| くまお | 07:01 | comments(0) | trackbacks(37) |
キャメロンハイランド ロングステイ
海外ロングステイで重要なのは、滞在地での住環境と、それに係る滞在費を知ることです。

滞在地を決定する際には、住環境と滞在費を調査した上で計画を立てていくようにしましょう。

ここで、海外ロングステイで人気の滞在地であるキャメロンハイランドについて紹介します。

キャメロンハイランドはマレーシアの高原リゾート地で、プールや施設の充実している英国チェダ−様式の高級なホテルから、1泊30リンギットの安宿まで幅広く宿泊施設があります。

ゲストハウスなどの安宿には欧米からのバックパック旅行者も多く、グループが多いときには騒がしいこともあるので注意しましょう。

JUGEMテーマ:旅行



| くまお | 07:01 | comments(0) | trackbacks(1) |
キャメロンハイランド
海外ロングステイの滞在地として、キャメロンハイランドが最近人気です。

キャメロンハイランドはどのようなところかを事前に調べることで、よりいっそう海外ロングステイでの生活を充実させることが可能です。

キャメロンハイランドはマレーシア半島の中央部、クアラルンプールの北東200kmに位置する標高1300mから1800mの高原地帯に広がるリゾート地で、年間の気温が18度から24度と涼しく過ごしやすい高原避暑地です。

紅茶や野菜、果物や、花の栽培地でも有名で、山の斜面には色とりどりの花畑や茶畑が広がり、ボーティと呼ばれている紅茶やマレーシア最大の野菜の産地となっています。

キャメロンハイランドは、1885年のイギリス統治時代に、イギリスの国土調査官ウィリアム・キャメロンによって開発されたた地域で、その名前が地名として冠され、それ以降はヨーロッパ系の人々の高原の避暑地として栄えてきました。

キャメロンハイランドは、そうした自然の豊かさや爽やかな気候、人の穏やかさなどに惚れた各国の人々が、海外移住や海外でのロングステイエリアとして選んでいる人気のある高原リゾート地です。

JUGEMテーマ:旅行



| くまお | 06:43 | comments(0) | trackbacks(91) |
海外ロングステイ人気のアジア
海外ロングステイで人気なのがアジア地域です。

アジア人気の理由として、日本からの直行便が数多くあり、比較的短い距離に位置しているので、利便性の高さが人気のポイントです。

アジアでは、物価の安さも魅力です。

このことがポイントとなっており、海外ロングステイで多くの人々が暮らすタイやマレーシアは、アジアロングステイの筆頭候補地となっています。

賑わう都会や充実した設備なを望むなら、クアラルンプールやバンコクなどが俄然人気が高く、また最近では香港や上海、ホーチミン、ハノイなども人気が上がってきています。

都会では、交通の便や生活面の充実が整備されている都市機能が大きな魅力となります。
リゾート地では、都会にないゆったり落ち着いた暮らしを望めます。

JUGEMテーマ:旅行



| くまお | 20:19 | comments(0) | trackbacks(6) |
海外ロングステイの下準備
海外ロングステイをするには十分な下調べをすることが大切です。

レンタカーの車がマニュアルしかなく運転できなかった、公共交通機関が発達していなく不便だっった、といった失敗は避けたいものです。

海外ロングステイを確実に楽しむための下準備として下記の方法があります。

1.海外在住者のインターネットのウェブサイトやブログを閲覧する
海外に3か月以上在住している日本人は、約100万人にのぼります。
現地の生活情報を掲載したサイトやブログなどで情報を集めるのも有効な手段になるはずです。

2.海外ロングステイのイベントやセミナーに参加する
ロングステイのセミナーを行っている、カルチャーセンターや旅行会社などを調べて問い合わせをしてみましょう。
ロングステイの心得や基本知識以外にも、資金の準備法や、リタイアメントビザ制度などの説明を受けられるセミナーもあります。

また、「ロングステイ」という言葉をつくった財団法人ロングステイ財団でも、観光局の展示や相談会に関する情報誌を発行したり、現地情報、留守にする自宅の管理についてのセミナーやシンポジウムを開催したりしています。



JUGEMテーマ:旅行





| くまお | 17:29 | comments(0) | trackbacks(45) |

Category

海外旅行の人気ブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング

Profile

RSSリーダーで読む

My Yahoo!に追加

Sponsored Links

Search

Entry

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode